トップページへ
高知のデザイン注文住宅工務店ファンハウスアンドデザインでは新築住宅設計・店舗設計・リフォーム・リノベーションを行っています。
「ナチュラルで無垢自然素材にこだわったオーダーメイドの家づくり」をご提案します。
お問い合わせ・資料請求
リクルート
HOMEファンハウスについてリクルート > 社員インタビュー 山﨑 修一
トコトン打合せをして、お客様と二人三脚で完成させていく家づくりって、やっぱり最高ですよね!
営業/設計/現場監督 山﨑 修一
専門学校を卒業後、そのまま広島に住んで、
住宅や店舗の設計と施工を猛烈にやっていました
広島の専門学校卒業後、そのまま広島で就職し、設計事務所や店舗の設計施工をする会社、マンションリフォームの会社などで15年ほど働かせていただきました。振り返ってみると、ずっと建築の仕事をしていますね(笑)。設計もしてきましたし、現場管理も監督としてさせていただいてきました。
これまでいろんな現場に携わらせていただきましたが、キャリアの中で最も印象に残っているのは、新規にオープンするユニクロさんの店舗の担当をさせていただいたことです。工期があまり無くて、ハンパない緊張感の中、何とかオープンに間に合わせることができ、とても良い経験をさせていただきました。
個人のお客様はもちろん、さまざまな店舗の設計や施工をさせていただけるのが楽しかったですね。
15年ぶりに高知に帰ることに・・・
その後、転職した会社でかなり責任あるポジションで仕事をさせていただいていました。社長が営業をして、私が現場を担当するという役割で順調だったのですが、自分たちのキャパ以上の仕事を受注してしまったことと、営業担当のミスが重なり、現場でお客様から怒られることが増えてきました。そうした際の対応について、会社の考え方や姿勢にかなり疑問を感じ、「この会社で一生働かせていただくことで本当に良いのか?」と自問自答する日々が続きました。
本当に悩みましたが、最終的に全ての担当現場の対応を完了させ、高知に戻ろうと決めました。
ファンハウスに入社して
はじめての担当したお客様が・・・
高知に帰ることを決意し、高知のいろんな会社を調べていく中で、最もお客様の方を向いて良い家をつくっているんだろうな、と感じたファンハウスの面接を受け、入社させていただくことになりました。入社してからすぐに担当をさせていただいた1棟目のお客様のことは、今でも忘れられないですね。
もう本当にゼロからフルオーダーでつくっていく注文住宅。お客様と二人三脚で家づくりを一緒にさせていただいている感覚があって、何だか最終的に自分の家のように感情移入してしまいました(笑)。それくらい、仕事に没頭していたからでしょうか?現場が進んでいく中で家の写真や職人さんたちの写真、それから何と私の写真もお客様が撮影して下さっていて、お引渡しの時にそれをフォトブックにしてプレゼントしてくれたのです。そのフォトブックは、私の大切な宝物です。
みんなで考え、
お客様にベストな対応を目指す社風
ファンハウスってどんな会社か?って、まとめるの、難しいですね(汗)
一言でまとめると、お客様に最高の家を提供させていただくために、全員で同じ方向を向いて全力で取り組む会社、っていう感じです。そしてお客様からお叱りの言葉をいただいた際なんかは、真っ先に社長自ら動き、対応する会社です。
良い意味で、ウチの社長は社長らしくない(笑)というか、フットワークが軽く、みんなのことをとても考えてくれる社長ですね。社長室にこもって、偉そうにしている姿を見たことがありません(笑)!
何か分からないことや困ったことがあった際も、社長を筆頭に、みんなで考え、みんなで助け合うことが当たり前。そして全員でお客様のことを最優先に考え、行動するこの空気の感じが、とても居心地がいいんです。

建築の仕事をしていると、本当に大変なこともありますが、中にはメチャメチャ嬉しいことがあるんです。これは何物にも代えがたいんですね。今後もたくさんのお客様の家づくりに携わらせていただきたいです。
< リクルートページへ戻る
戻る